スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

橋本隆平コラム 「天下万物鳥肌祭」第三回

紳士・淑女の皆様、大変なご無沙汰をしてしまいました。
「天下万物鳥肌祭」、橋本隆平でございます。
不定期コラムとはいえ、不定期すぎるだろっ!というお叱り、
甘んじてお受けいたします。おっしゃる通りっ!!
あい、すみません!
というわけで、3回目の「天下万物鳥肌祭」、久方ぶりに行ってみましょう!
どうぞ、最後までお付き合いくださいませっ!

さて、最近の出来事などから何を書こうかと迷うところではございますが、
今回は、「記憶に残るということ」に焦点を当ててみたいと思います。
毎年年末になって、皆さん「あれっ?今年見た映画ってなんだったっけ?」とか、
「今年読んだ本は?大道芸は?舞台は?漫画は?」など、一年を振り返って
どんな文化・芸能に触れたのかを思い起こすことはないでしょうか?
別に1年で区切らなくても良いのですが、
これ、やってみると思った以上に思い出せないものじゃありませんか?
実際には、2か月くらいで区切って思い出そうとしても、
結構忘れているなんてこと、良くあります。
僕の場合、レンタルビデオ屋で4~5本映画を借りて、
その2週後にはあれ5本の内訳ってなんだっけ?なんてこともあるくらいで。。。

まあ、僕の脳内メモリーやハードディスクの容量が小さいという問題もあるかと
思いますが、それはさておいても、大なり小なり、
皆さんもおありの経験ではないかと思うわけです。

そこで思うのは、この情報過多の社会の中で、「人の記憶の中に残る」、「印象にこびりつく」、といった作品であることは、いかに難しいことであるかという事でした。
その作品に触れあっているときは、確かに楽しい。でも、忘れる。

これって、どんどん新しい情報が提供されてくる中で、頭の中の表層のメモリーは、
すぐに自動的に書き換えられて、深いハードディスクに保存されるまで、
記憶が待ってくれない、そんな感覚が僕にはあります。
だから、強い印象や、深い印象を与えてくれない作品は、たやすく記憶から消えていく。
でも、これは僕にとっては、なんだかむなしい、なんだか悲しい。

確かに、文化・芸能に触れることは、一種の余暇を彩るためのツールと言えます。
でも、それだけじゃない。ただ時間をそれなりに楽しく過ごして、はいおしまい!
記憶にも残らない、時間の過ごし方つぶし方の為に、僕たちは文化・芸能に触れるのか?
作り手の皆さんは、人生を費やして創り上げるのか?と思うと、とてもやるせない気持ちになるのです。僕はお客側でもあるし、仕掛ける側でもあります。だから、やはり出来る事なら、深く人の印象に残りたい、記憶の中に残りたい!そして、それを人と話す話題の中に据えてほしいし、出来る事なら一生忘れない位の強い何かでありたいと願います。

ではいったい、記憶に残るとはどういうことなのでしょうか?
思い返してみると、自分にとっては「すごく良かった」は勿論ですが、
逆に「すごく嫌いだった」も実は記憶に残ってたりします。
むちゃくちゃ、つまんなかった!というのは、それを話題に人に話したりもします。
とすると、共通するのは、良くても悪くても、「すごく!」がつくかどうか?かなと。

記憶に残るという事に重きを置いて考えてみると、「適当に面白い」というものよりも、
「すごくつまらない!」「すごく嫌い!」という方が、記憶には残る。
これって、自分にとってはなんだかとても興味深い感覚で、
どうせ見るなら、どうせやるなら、面白くっても、つまらなくっても、
思いっきり、突き抜けることがとても重要ということに気づかせてくれます。
「それなりに」とか「良くできてる」のように、「うまくまとまっている」ものよりも、
いかに振り切っているか?いかに突き抜けているか?普通じゃないか?が、記憶に残るためには、すごく重要なのではないか?そのように考える事も出来るわけです。
勿論、全てがその尺度で測れるわけではありません。しみじみと良い、じんわりくる、
などゆるやかに心に記憶に染み込んでいく作品のありかたもありますし、
そういった作品は僕も大好きです。

結局何が言いたいのかなというとことをまとめてみると、
いずれにしても作者・製作者側の、想いしかり、エネルギーしかり、アイディアしかりが、
普通じゃだめだ!ってことなわけです。世の中に、良く出来ているものは五万とあります。
良く出来ているということは、普通になってしまったんです。
そもそもは、良く出来るという事自体、簡単なことではありません。
本当はこれは、普通じゃない。でも、普通になってしまった。
であるならば、いかに普通じゃなくいられるか?が、
とても重要な要素になるのではないでしょうか?

人それぞれ、喜びの尺度、記憶に残る作品群は違います。
「いい作品ってなんだろう?」という疑問は、
いろんな解答が存在するとっても素敵な問題です。
今回は、その問題の僕なりの、あくまでも「今」の「1つの」考え方でありますし、
まだまだ色んな要素や考え方があります。
色々な人と「いい作品ってなんだろう?」と話したいし、お話を伺いたい。
そして、みなさんの「記憶に残る作品」も聞いてみたい!

というわけで、今回は「記憶に残る」って何だろう?をテーマに、
「鳥肌祭り」をお送りしてみました。皆さんの心と記憶に残っている作品から、
鳥肌ゾワ!またいつお会いできるか分かりませんが、
みなさん、それまでチャオ!アディオス!再見!
ありがとうございました!

大道芸プロデューサー
橋本隆平

スポンサーサイト

2012/12/31 14:42 | コラムCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。